プログラム

  • コンピュータサイエンス英語プログラム
  • 実践的ITカリキュラム
  • フロンティアインフォマティクスカリキュラム
  • 国費留学生優先配置プログラム
  • 社会人のための 博士後期課程 早期修了 プログラム

2022年のトピック

鈴木日奈氏・陳漢雄講師・天笠俊之教授がDEIM2022にて優秀論文賞を受賞

22/08/09

2022_0809_写真

第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第20回日本データベース学会年次大会)(DEIM2022, 2月27日~3月2日開催)において鈴木日奈氏(3月情報理工学位プログラム博士前期課程修了)と陳漢雄講師(情報工学域)、天笠俊之教授(計算科学研究センター)、古瀬一隆教授(白鴎大学)が優秀論文賞を受賞しました(授賞式:6月26日)。

ICCCM2022にて丁逸凡氏がBest Presentationを受賞

22/08/04

2022_0804_写真

2022年7月19日~31日に岡山大学で開催された国際会議 The 10th International Conference on Computer and Communications Management (ICCCM 2022) において、情報理工学位プログラム博士前期課程2年 丁逸凡氏(指導教員: 情報工学域 水谷哲也 講師)がBest Presentation を受賞しました。

ICCCM2022にて宣墨白氏がBest Presentationを受賞

22/08/04

2022_0804_写真

2022年7月19日~31日に岡山大学で開催された国際会議 The 10th International Conference on Computer and Communications Management (ICCCM 2022) において、情報理工学位プログラム博士前期課程2年 宣墨白氏(指導教員: 情報工学域 水谷哲也 講師)がBest Presentation を受賞しました。

皮質情報表現の論文がNeural Networks誌, PLoS One 誌に掲載

22/06/27

2022_0627_写真

樹神 敦氏・木村耕司氏(情報理工学位P)、酒井 宏 教授(情報工学域)らの研究成 果がNeural Networks誌(IF=8.1; 6/25付)、PLoS One誌(IF=3.2; 6/16付)に発表 されました。

この研究は、視覚皮質における情報表現を生理実験と計算解析に よって明らかにしたものです。大脳の中間層では数十次元に情報が抽象化されて いること、それらの情報は物体を形成する面と密接に関係することを示しました。

構勇海氏・小林茂樹氏 (知能ロボット研究室) が SI2021 にて優秀講演賞を受賞

22/03/03

2022_0303_写真

2021年12月15日~17日にオンラインで開催された第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2021) において、構勇海氏 (情報理工学位プログラム博士前期課程2年) と小林茂樹氏 (情報理工学位プログラム博士前期課程1年) が、「SI2021優秀講演賞」を受賞しました。

HPC Asia 2022 Best Student Poster Award in Memory Hiroshi Nakashima 1st Prize

22/01/26

2022_0126_写真

2022年1月12日~14日に開催された国際会議 HPC Asia 2022 において、情報理工学位プログラム前期課程2年の古川和輝君が Best Student Award in Memory Hiroshi Nakashima 1st Prize に選定されました。

宇宙輻射輸送計算の高速化を目的とした研究で、FPGA および GPU などの加速機構とその高効率メモリアクセスに関する発表でした。

横山海青氏らの論文がヒューマンインタフェース学会「若手卓越研究賞」に選定

22/01/19

2022_0119_写真

横山海青氏(情報理工学位プログラム博士前期課程1年、IPLAB、指導教員・志築文太郎教授)らの論文「フリック入力に基づく2本の押し込み機能付きジョイスティックを用いたテキスト入力手法」がヒューマンインタフェース学会が選定している「若手卓越研究賞」に選定されました。 また、横山海青氏および連名著者のうち40歳以下の髙倉礼氏(情報理工学位プログラム博士前期課程2年)および川口一画助教(システム情報系)が同学会より同賞を授与されました。

本論文は、2本のスティックへの同時操作とフリック入力を組み合わせることにより、高速な文字入力と習得の容易さ、そして低い画面占有率を実現するソフトウェアキーボードJoyFlickの提案および評価を行った、横山海青氏らの2020年度の研究をまとめたものです。

令和3年度(第19回)「学生ビジネスプランコンテスト」にて山中仁斗氏がアイデア賞を受賞

22/01/11

2022_0111_写真

令和3年度(第19回)「学生ビジネスプランコンテスト」への応募プラン「物々交換ネット市場 ”おらほの自慢” 〜作るぞ!大船渡の発信源〜」について、知識・データ工学研究室の山中仁斗氏(情報理工学位プログラム博士前期課程2年)が、アイデア賞を受賞しました。

掲載先URL:http://www.gakusei-sc.or.jp/news/000180.html