[English / Japanese]
Misue's Photo

三末 和男
(Kazuo Misue)

筑波大学 システム情報系 教授
ビジュアリゼーションとインタラクティブシステム研究室
情報理工学位プログラム 実践的IT教育推進室長 / enPiT-BizSysD 事業責任者

Research

ヒューマンコンピュータインタラクション、情報可視化、グラフ自動描画、知的作業支援などに興味を持ち、以下ようなテーマに取り組んでいます。

Morphing Edge Drawing
Morphing Edge Drawing (2019)
3D ChronoView
3D ChronoView (2018)
2.5D ChronoView
2.5D ChronoView (2018)
Amoeba
Amoeba (2014)
ChronoView
ChronoView (2012)
Colored Mosaic Matrix
Colored Mosaic Matrix
(2013)
EET
Edge Equalized Treemap
(2012)
SaaG
SaaG (2012)
Anchored Map
Anchored Map (2007)

Teaching

共通科目情報、情報メディア創成学類情報科学類情報理工学位プログラムの授業を担当しています。

2020年度(準備中)

2019年度

More...

Publications

代表論文5編

  1. Satoko Shiroi, Kazuo Misue, and Jiro Tanaka, ChronoView: Visualization Technique for Many Temporal Data, Proceedings of 16th International Conference on Information Visualisation, IEEE Computer Society, pp.112-117, 2012.
  2. Kazuo Misue, Anchored Map: Graph Drawing Technique to Support Network Mining, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E91-D, No. 11, pp. 2599-2606, 2008.
  3. Yu Suzuki, Kazuo Misue and Jiro Tanaka, Pen-Based Interface Using Hand Motions in the Air, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E91-D, No. 11, pp. 2647-2654, 2008.
  4. Kazuo Misue, Peter Eades, Wei Lai and Kozo Sugiyama, Layout Adjustment and the Mental Map, Journal of Visual Languages and Computing, Vol. 6, No. 2, pp. 183-210, 1995 (Google Scholar).
  5. Kozo Sugiyama and Kazuo Misue, Visualization of structural information: Automatic drawing of compound digraphs, IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics, Vol. 21, No. 4, pp. 876-892, 1991.

Program / Tutorials / Study Materials

Other Activities

2020年

2019年

More...

Personal

1980年山口県立宇部高等学校卒業。1984年東京理科大学理工学部情報科学科卒業。1986年同大学院理工学研究科修士課程情報科学専攻修了。1986年から富士通株式会社国際情報社会科学研究所にて、グラフ自動レイアウトおよび発想支援の研究に従事。1990年株式会社富士通研究所に異動。1997年博士(工学)(東京大学)。1998年より主任研究員としてビジュアルテキストマイニング等の研究に従事。2004年より筑波大学に勤務。現在、筑波大学システム情報系教授。

More Information

Contact

Kazuo Misue