工藤博幸(Hiroyuki Kudo)のホームページ



Japanese Version/English Version

2018年2月:7/25(水)-27(金)に筑波大学大学会館にて『第37回日本医用画像工学会大会(JAMIT2018)』を開催します。大会長を仰せつかりました。テーマは『イメージング技術の新潮流とAIが結合した近未来の医用画像工学を探る』です。是非お越しくださいませ。
2018年6月:論文『Accelerated algorithm for compressed sensing using nonlinear sparsifying transform in CT image reconstruction』が平成29年度日本医用画像工学会田中栄一記念賞(MIT誌論文賞)を受賞しました。
2018年6月:JST-ERATO『量子ビーム位相イメージングプロジェクト』による研究成果『位相画像撮影方法とそれを利用した位相画像撮影装置(発明者:工藤博幸、廉松哲、出願人:筑波大学)』の特許出願を行いました(内容未公開)。


2018年4月:4/17(火)に『平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)』を受賞しました。 文部科学省の正式報道ページ 筑波大学の正式報道ページ 受賞業績の概要はこちら


2018年2月:2/19(月)に『筑波大学Best Faculty Member 2017』を受賞しました。
2018年2月:3/4(日)に応用物理学会放射線分科会医療放射線技術研究会『放射線を利用した医用イメージング装置における画像再構成の基礎と応用』にて招待講演『最先端CT画像再構成の研究動向−スパースビューCT・インテリアCT・低線量CTへの応用−』を行いました。
2018年2月:2/26(月)に筑波大学計算科学研究センター『計算メディカルサイエンスキックオフシンポジウム』にて招待講演『最先端トモグラフィー画像再構成−X線CTから拡散光トモグラフィーへの展開−』を行いました。
2018年2月:JST-ERATO『量子ビーム位相イメージングプロジェクト』による研究成果『インテリアCT画像生成方法(発明者:工藤博幸、出願人:筑波大学)』特許のPCT出願を行いました(内容未公開)。
2017年9月:研究プロジェクト『超圧縮センシングによるミリ秒X線トモグラフィ法の開発(チーム:矢代航准教授(東北大)、工藤、ヴォルフガング・フォグリ助教(東京学芸大))』がJST-CREST(計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用)に採択されました。
2017年9月:JST-ERATO『量子ビーム位相イメージングプロジェクト』による研究成果3件の特許出願を行いました(内容未公開)。

研究室のホームページ 筑波大学研究者総覧のデータ Web of Science(ISI,Thomson Reuters社)の論文被引用回数 Scopus(Elsevier社)の論文被引用回数 Google ScholarのMy Citations ResearcherID.com(Thomson Reuters社)の出版論文+論文被引用回数 ORCiDの出版論文情報 NIH(National Institute of Health)バイオスケッチ


最近のニュース 略歴 研究分野 発表論文リスト 受賞 学会活動など 担当講義などの情報 講義資料のダウンロード



最新(2016年4月以降)のニュース


最近(2008年4月〜2016年3月)のニュース


略歴


研究分野(画像・映像処理と医用イメージング)


発表論文・特許リスト


受賞


学会活動など


担当講義(平成30年度)などの情報


講義資料のダウンロード


お問い合わせはこちらまで:kudo あっと cs どっと tsukuba どっと ac どっと jp