平成30年度コンピュータサイエンス専攻入試に関する
よくある質問とその答え (FAQ)

本専攻の入試に関しまして,多くのお問い合わせをいただき誠にありがとうございます.いただきましたご質問の中でよくあるものとそれに対する回答をまとめました.

筑波大学大学院システム情報工学研究科
コンピュータサイエンス専攻

社会人特別選抜の定員について

Q. 8月期と2月期の募集要項には博士前期課程の社会人特別選抜の定員が1名とあります.これでは社会人として受験しても合格の可能性が低い気がします.

A. 定員とは合格できる受験者の上限という意味ではなく,標準的な人数の目安と考えてください.例年多くの社会人が合格して入学しています.志願者数や入学者数のデータはこちらから確認できます.

推薦の要件

Q. 前期課程の推薦入試において,推薦が受けられるのはどのような人でしょうか.推薦の要件について教えてください.

A. 推薦入試における推薦要件は次のようになっています.

出願資格を有する者で,次の(a),(b)のいずれかの推薦要件に該当する者のうち,学(校)長,学部(群)長又は所属長等が責任をもって推薦又は自己推薦し,合格した場合には入学することを確約できる者とします.
(a) 出願時までに取得した単位のうち,A(優)の評価を取得した科目の単位が,総取得単位数の概ね70%以上を占める者.
(b) 各専攻の特定の研究分野に優れた者(研究分野の内容については,募集要項の「研究科教員研究分野一覧」を参照してください).

高等専門学校専攻科生の推薦入試

Q. 前期課程の推薦入試に出願する際,A+,A(優)の評価が概ね70%以上であることが要件となっていますが,高等専門学校専攻科生の場合は,どのように算出すればよいでしょうか.

A. 高等専門学校専攻科を修了(見込含む)して出願する場合は,専攻科の成績(評価されている全て)及び高等専門学校4年次~5年次の成績を基に算出してください.

TOEIC IPテスト

Q. TOEICの成績を提出する際に,職場などで実施されるTOEIC IPテスト(団体受験制度)のスコアレポート(個人成績表)を用いることはできますか.

A. TOEIC IPテスト(団体受験制度)のスコアレポート(個人成績表)は使用することができません.TOEICの成績は,公式認定書を提出していただくことになっておりますので,公開テストを受験していただき,試験後に送付を受けた公式認定書を提出してください.

TOEFL スコア票

Q. TOEFL のスコア票として,何を提出すれば良いですか.コンピュータサイエンス専攻では, ETS から直接スコア票を受け取ってもらうことはできますか.

A. 提出できるスコア票は, ETS から受験者本人宛に郵送される受験者用控えの Examinee (または Test Taker) Score Report の原本です.原本のコピーや PDF ファイルを自分で印刷したものは受理できません.原本がない場合は, ETS から再発行してもらってください.なお,受け取り機関として筑波大学の他の研究科が登録されていますが,システム情報工学研究科,及びコンピュータサイエンス専攻は登録されていませんので,ETSから直接スコア票を受け取ることはできません.

教員とのコンタクト

Q. 専攻の教員一覧を見て,自分のめざす専門分野に近そうな先生を見つけることができました.どの先生とも面識がないのですが,どのように連絡を取ればよいでしょうか.

A. 専攻のwebページ,及び教員一覧各研究室のwebページにおいて,多くの教員が連絡先として電子メールのアドレスや電話番号などを公開しております.ぜひ気軽にそれらのチャネルで連絡を取ってみてください.どの教員も皆さんの連絡を歓迎し,不明なことなどには喜んで答えてくれるはずです.

一般 or 社会人特別

Q. 私は社会人特別選抜の要件も満たしていますが,社会人と一般枠のどちらで受験するのが有利でしょう?

A. 社会人特別選抜試験においては,試験科目は外国語と口述試験のみとなっており,口述試験においては,社会人としての経験の中で身につけられた知識,素養等も含めて審査致します.従いまして,ご自分をよりよくアピールする選抜方式をお選び下さい.

奨学金

Q. 入学後,奨学金を受けることができますか.

A. 日本学生支援機構(旧日本育英会)を始めとする各種奨学金制度があり,条件に応じて応募することが可能です.これまでにも 多数の学生がこれらの奨学金制度を利用して本専攻で学んでいます.入学料・授業料免除の実績はこちら,奨学金の実績はこちらから確認してください.

関連リンク