Publications

Journal papers / 雑誌論文

  • Susumu Date, Hirotake Abe, Dashdavaa Khureltulga, Keichi Takahashi, Yoshiyuki Kido, Yasuhiro Watashiba, Pongsakorn U-chupala, Kohei Ichikawa, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai, Shinji Shimojo, SDN-accelerated HPC Infrastructure for Scientific Research, International Journal of Information Technology, Volume 22, Number 01, Singapore Computer Society, 2016.
  • Yoshiyuki Kido, Kohei Ichikawa, Susumu Date, Yasuhiro Watashiba, Hirotake Abe, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai, Haruo Takemura, Shinji Shimojo. SAGE-based Tiled Display Wall Enhanced with OpenFlow-based Dynamic Routing Functionality Triggered by User Interaction, Future Generation Computer Systems, vol.56, pp.303-314, Elsevier, Mar. 2016.
  • Mizuki Oka, Hirotake Abe and Takashi Ikegami. Dynamic homeostasis in packet switching networks. Adaptive Behavior, vol. 23, no. 1, pp. 50-63, February 2015 .
  • Yasuhiro Watashiba, Susumu Date, Hirotake Abe, Yoshiyuki Kido, Kohei Ichikawa, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai, Shinji Shimojo, and Haruo Takemura. Efficacy Analysis of a SDN-enhanced Resource Management System through NAS Parallel Benchmarks. The Review of Socionetwork Strategies, vol. 8, no. 2, pp. 69-84, Springer Japan, December 2014.
  • 渡場康弘,木戸善之,伊達進,阿部洋丈,市川昊平,山中広明,河合栄治.竹村治雄.計算資源とネットワーク資源を考慮した割当ポリシを配備可能とするジョブ管理フレームワーク,電子情報通信学会論文誌,Vol.J97-D, No.6, pp.1082-1093, 2014年6月.
  • Daiki Morita, Kohei Ichikawa, Hirotake Abe, Susumu Date and Shinji Shimojo. Implementation and Evaluation of Multiple Deduplication Methods for VM Disk Images Composing a Virtual Cluster. INFORMATION, Vol.16, No.8(B), pp.6055-6068, International Information Institute, August, 2013.
  • Chunghan Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. Analytical Modeling of Network Throughput Prediction on the Internet. IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Vol.E95-D, No.12, pp.2870-2878, December 2012.
  • 多田大輝,市川昊平,伊達進,阿部洋丈,下條真司.オーバレイネットワークを用いたマルチサイト仮想クラスタ構築システム.情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,Vol.5, No.5, pp.76-89,2012年10月.
  • Chunghan Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. Traffic Anomaly Analysis and Characteristics on a Virtualized Network Testbed. IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Vol. E94-D, No. 12, pp. 2353-2361, December 2011.
  • Miyuki Hanaoka, Kenji Kono, Toshio Hirotsu and Hirotake Abe. Performance Improvement by Coordinating Configurations of Independently-managed NIDS. International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.11, No.5, pp. 1-11, May 2011.
  • 高橋謙輔,阿部洋丈,廣津登志夫,菅原俊治.離散PSOを用いた分散仮想ルータのための動的中継点制御.人工知能学会論文誌, Vol. 26, No. 1, pp. 25-33, 2011年1月.
  • 川崎仁嗣,阿部洋丈,加藤和彦.プロセストレース機構の多重化法.情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,Vol. 1, No. 1, pp. 133-143, 2008年6月.
  • 小磯知之,阿部洋丈,池嶋俊,石川宗寿,リチャードポッター,加藤和彦.サステーナブルサービスための基盤ツールキットの設計.情報処理学会論文誌:コ ンピューティングシステム,Vol. 48, No. SIG 3(ACS 17), pp. 13-26, 2007年2月.
  • 塚田大,鈴木勝博,阿部洋丈,加藤和彦.インターネットを介した協調作業のためのファイル同期システム.情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 47, No. SIG 12(ACS 15), pp. 368-376, 2006年9月.
  • 阿部洋丈,加藤和彦.Aerie: WWWのための完全分散型プロキシ.情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,Vol. 46, No. SIG 3 (ACS 8), pp. 51-61, 2005年1月.
  • 阿部洋丈,大山恵弘,岡瑞起,加藤和彦.静的解析に基づく侵入検知システムの最適化.情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 45, No. SIG 3 (ACS 5), pp. 11-20, 2004年3月.情報処理学会平成16年度論文賞受賞.
  • 阿部洋丈,加藤和彦.セキュリティポリシーの動的切替機構を持つリファレンスモニタシステム.コンピュータソフトウェア,Vol.20,No.3,pp. 214-228, 岩波書店,2003年5月.
  • 阿部洋丈,一杉裕志,加藤和彦.ソースコード変換技術を用いたJava 言語におけるスレッドのモビリティの実現法.情報処理学会論文誌:プログラミング,Vol. 41,SIG2(PRO 6),pp. 29-40,2000年3月.
  • Kazuhiko Kato, Yuichi Someya, Katsuya Matsubara, Kunihiko Toumura, Hirotake Abe. An Approach to Mobile Software Robots for the WWW. IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering, Vol. 11, No. 4, pp. 526-548, July 1999.

Review paper / 解説論文

  • 阿部洋丈.DHT: 分散ハッシュテーブル --- Pure Peer-to-Peer のための基盤技術.コンピュータソフトウェア,Vol. 23, No. 1, pp. 1-14,岩波書店,2006年1月.

International conferenecs and workshops
国際会議・ワークショップ

  • Yusuke Morikoshi, Hirotake Abe and Kazuhiko Kato. HayACK: Exploiting Characteristically Diverse Paths to Achieve Quick ACKing in MPTCP. International Workshop on the Future of Cloud Computing and Cloud Services (FutureCloud 2017, held in conjunction with IEEE CloudCom 2017), 8 pages. Hong Kong, China, December 2017. (accepted)
  • Koji Hasebe, Kazuhiko Kato, Hirotake Abe, Ryutaro Akiya and Masayuki Kawamoto. Traffic Management for Last-Mile Public Transportation Systems Using Autonomous Vehicles. The Third IEEE International Smart Cities Conference (ISC2 2017), 6 pages, Wuxi, China, September, 2017.
  • Yasuhiro Watashiba, Susumu Date, Hirotake Abe, Kohei Ichikawa, Yoshiyuki Kido, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai and Shinji Shimojo. Architecture of Virtualized Computational Resource Allocation on SDN-enhanced Job Management System Framework, 39th international convention on information and communication technology, electronics and microelectronics. Opatija, Croatia, June, 2016.
  • Susumu Date , Hirotake Abe, Dashdavaa Khureltulga, Keichi Takahashi, Yoshiyuki Kido , Yasuhiro Watashiba, Pongsakorn U-Chupala, Kohei Ichikawa, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai and Shinji Shimojo. An Empirical Study of SDN-accelerated HPC Infrastructure for Scientific Research, 2015 International Conference on Cloud Computing Research and Innovations (ICCCRI 2015), Singapore, 2015.
  • Yasuhiro Watashiba, Susumu Date, Hirotake Abe, Yoshiyuki Kido, Kohei Ichikawa, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai, Shinji Shimojo, and Haruo Takemura, Performance Characteristics of an SDN-enhanced Job Management System for Cluster Systems with Fat-tree Interconnect, Emerging Issues in Cloud (EIC) Workshop, The 6th IEEE International Conference on Cloud Computing Technology and Science (CloudCom 2014), pp. 781-786, Singapore, Dec. 2014.
  • Pongsakorn U-Chupala, Kohei Ichikawa, Hajimu Iida, Nawawit Kessaraphong, Putchong Uthayopas, Susumu Date, Hirotake Abe, Hiroaki Yamanaka, and Eiji Kawai, Application-Oriented Bandwidth and Latency Aware Routing with Open Flow Network, Emerging Issues in Cloud (EIC) Workshop, The 6th IEEE International Conference on Cloud Computing Technology and Science (CloudCom 2014), pp. 775-780, Singapore, Dec. 2014.
  • Yoshiyuki Kido, Kohei Ichikawa, Yasuhiro Watashiba, Hirotake Abe, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai, Haruo Takemura, Shinji Shimojo, SAGE-based Tiled Display Wall Enhanced with Dynamic Routing Funcitonality Triggered by User Interaction, INDIS2014 (Held in conjunction with SC14), New Orleans, USA, Nov. 2014.
  • Kohei Ichikawa, Susumu Date, Hirotake Abe, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai and Shinji Shimojo. A Network Performance-Aware Routing for Multisite Virtual Clusters. IEEE ICON 2013: The 19th IEEE International Conference on Networks, Singapore, December 2013.
  • Yasuhiro Watashiba, Yoshiyuki Kido, Susumu Date, Hirotake Abe, Kohei Ichikawa, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai and Haruo Takemura. Prototyping and Evaluation of a Network-aware Job Management System on a Cluster System Leveraging OpenFlow. IEEE ICON 2013: The 19th IEEE International Conference on Networks, Singapore, December 2013.
  • Khureltulga Dashdavaa, Susumu Date, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai, Yasuhiro Watashiba, Kohei Ichikawa, Hirotake Abe and Shinji Shimojo. Architecture of a High-speed MPI_Bcast Leveraging Software-Defined Network. In UCHPC2013: The 6th Workshop on UnConventional High Performance Computing 2013 (held in conjunction with Euro-Par 2013), Archen, Germany, August 27, 2013. (also appeared in Springer LNCS 8374, pp. 885-894)
  • Yukai Yang, Hirotake Abe, Ken-ichi Baba and Shinji Shimojo. A Scalable Approach to Avoid Incast Problem from Application Layer. HSNCE 2013: The 4th IEEE International Workshop on High-Speed Network and Computing Environment (Held in conjunction with COMPSAC 2013), Kyoto, Japan, July 22-26, 2013.
  • Yasuhiro Watashiba, Susumu Date, Hirotake Abe, Kohei Ichikawa, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai and Haruo Takemura. An Architectural Design of a Job Management System Leveraging Software Defined Network. HSNCE 2013: The 4th IEEE International Workshop on High-Speed Network and Computing Environment (Held in conjunction with COMPSAC 2013), Kyoto, Japan, July 22-26, 2013.
  • Yasuhiro Watashiba, Seiichiro Hirabara, Susumu Date, Hirotake Abe, Kohei Ichikawa, Yoshiyuki Kido, Shinji Shimojo and Haruo Takemura. OpenFlow Network Visualization Software with Flow Control Interface. The Doctoral Symposium of the IEEE Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2013), Kyoto, Japan, July 2013.
  • Chunghan Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. Performance Implications of Task Scheduling by Predicting Network Throughput on the Internet. The 11th IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications, Melbourne, Australia, 16-18 July, 2013.
  • Pongsakorn U-chupala, Putchong Uthayopas, Kohei Ichikawa, Susumu Date and Hirotake Abe. An Implementation of a Multi-site Virtual Cluster Cloud. The 10th International Joint Conference on Computer Science and Software Engineering, Bangkok, Thailand, 30-31 May 2013.
  • Daiki Morita, Kohei Ichikawa, Hirotake Abe, Susumu Date and Shinji Shimojo. Implementation and Evaluation of Multiple Deduplication Methods of VM Disk Images Composing a Virtual Cluster. The 3rd International Workshop on Ubiquitous Computing & Applications (IWUCA 2012), Hong Kong, China, December 2012.
  • Yang Yukai, Hirotake Abe, Ken-ichi Baba and Shinji Shimojo. Staggered Flows: An application layer's way to avoid Incast problem. IEEE Asia Pacific Cloud Computing Congress 2012, Shenzhen, China, November 2012.
  • Tomoya Furuichi, Susumu Date, Hiroaki Yamanaka, Kohei Ichikawa, Hirotake Abe, Haruo Takemura and Eiji Kawai. A prototype of network failure avoidance functionality for SAGE using OpenFlow. MidArch 2012: The 6th IEEE International Workshop on Middleware Architecture in the Internet, pp. 88-93, Izmir, Turkey, July 2012.
  • Pongsakorn U-chupala, Kohei Ichikawa, Hirotake Abe, Susumu Date and Shinji Shimojo. A Virtual Cluster Manager using a Hierarchical Management Model for Cloud Infrastructure. The 6th International Conference on Ubiquitous Information Technologies & Applications (CUTE 2011), pp. 223-228, Seoul, Korea, December 2011.
  • Chunghan Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. A Statistical Approach for Selecting Throughput Prediction Parameters on the Internet. The 6th International Conference on Ubiquitous Information Technologies & Applications (CUTE 2011), pp. 37-40, Seoul, Korea, December 2011.
  • Chunghan Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. Predicting Network Throughput for Grid Applications on Network Virtualization Areas. NDM2011: The 1st Workshop on Network-Aware Data Management, pp. 11-20, Seattle, USA, November 2011. Awarded the Best Paper Honorable Mention.
  • Mizuki Oka, Hirotake Abe and Takashi Ikegami. Autonomous Computation and Flow Dynamics in Web Systems. ICMC2011: the 2nd International Conference on Morphological Computation, pp. 76-78, Venice, Italy, September 2011.
  • Takashi Ikegami, Mizuki Oka and Hirotake Abe. Autonomy of the internet: complexity of flow dynamics in a packet switching network. ECAL11: the European Conference on Artificial Life, pp. 364-371, Paris, France, August 2011. (poster presentation)
  • Jin Hirose, Ken-ichi Baba and Hirotake Abe. A Protocol-aware Network Control Method for Large-scale Data Transfer in Long-distance Broadband Networks. International Workshop on Context-aware QoS Provisioning and Management for Emerging Networks, Applications and Services, pp. 1-6, Hawaii, USA, July 2011.
  • Chunghan Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. Estimating Traffic Anomalies for Throughput Prediction on Network Virtualization. The Second Workshop on High Speed Network and Computing Environments (HSNCE 2011), pp. 267-273, Munich, Germany, July 2011.
  • Hirotake Abe, Hirotaka Moriya and Kyoji Umemura. On Finding Vestiges of Internet Backbone Failures for Optimizing Wide Area Data Replication. WOSD: The 1st International Workshop on Open Systems Dependability : Adaptation to a Changing World, pp. 230-233, Hong Kong, China, June 2011.
  • Toshio Hirotsu, Kensuke Fukuda, Hirotake Abe, Satoshi Kurihara, Osamu Akashi, Toshiharu Sugawara. Dynamic and Distributed Routing Control for Virtualized Local Area Networks. The 35th Annual IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN2010), pp. 212-215, Denver, USA, October 2010.
  • Chunghan Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu, Kyoji Umemura. Analysis of Anomalies on a Virtualized Network Testbed. The 2010 IEEE International Conference on Computer and Information Technology (CIT 2010), pp. 297-304, Bradford, UK, June 2010.
  • Toshio Hirotsu, Shinnosuke Nishitani, Hirotake Abe, Kyoji Umemura, Kensuke Fukuda, Satoshio Kurihara and Toshiharu Sugawara. A Light-weight Autonomous Power Saving Method for Wireless Sensor Networks. The Sixth International Conference on Autonomic and Autonomous Systems (ICAS 2010), pp. 188-193, Cancun, Mexico, March 2010.
  • Yuka Ikebe, Takehiro Nakayama, Masaji Katagiri, Satoshi Kawasaki, Hirotake Abe, Takahiro Shinagawa and Kazuhiko Kato. Efficient Anomaly Detection System for Mobile Handsets. The Second International Conference on Emerging Security Information, Systems and Technologies (SECURWARE 2008), pp. 154-160, Cap Esterel, France, August 2008.
  • Hirotake Abe and Kazuhiko Kato. Sustor: Distributed Storage for Disaster Recovery Using the Small-World Model. The Sixth IEEE International Conference on Computer and Information Technology (CIT'06), p. 60 (6 pages), Seoul, Korea, September 2006.
  • Mizuki Oka, Hirotake Abe and Kazuhiko Kato. Extracting Topics From Weblogs Through Frequency Segments. The 3rd Annual Workshop on the Weblogging Ecosystem, Edinburgh, UK, May 2006. (online publication, 5 pages)
  • Peter Suranyi, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu, Yasushi Shinjo, Kazuhiko Kato. General Virtual Hosting via Lightweight User-mode Virtualization. The 2005 International Symposium on Applications and the Internet, pp. 229-236, Trento, Italy, January 2005.
  • Mizuki Oka, Yoshihiro Oyama, Hirotake Abe, Kazuhiko Kato. Anomaly Detection Using Layered Networks Based on Eigen Co-occurrence Matrix. Proc. of Seventh International Symposium on Recent Advances in Intrusion Detection (RAID), Sophia Antipolis France, September 2004. (Also appeared in LNCS 3224, pp. 223-237)
  • Hirotake Abe and Kazuhiko Kato. Security Policy Descriptions through the Use of Control Structure in a Target Program. In proceedings of the 3rd International Symposium on Software Security (ISSS 2003), Tokyo, Japan, November 2003. (Also appeared in LNCS 3233, pp. 242-261)

Domestic conferences and workshops (reviewed)
国内会議・ワークショップ(査読あり)

  • Chunghan Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. Recent Empirical Evaluation of Aggregate Throughput using Parallel Transfers on the Internet. 情報処理学会コンピュータシステム・シンポジウム論文集, Vol.2012, pp.53-58, 2012年11月.
  • 多田大輝,市川昊平,伊達進,阿部洋丈.下條真司.オーバレイネットワークを用いたマルチサイト仮想クラスタ構築システム.先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2012),pp. 219-226,2012年5月.
  • 岡瑞起,阿部洋丈,池上高志.パケットスイッチングネットワークのフローダイナミックスにみるインターネットの自律性. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS2011),4ページ,2011年11月.
  • Chung-Han Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. A PCA Analysis for Traffic Anomaly Estimation. Internet Conference 2010 (IC2010), pp. 93-98, October 2010.
  • 高橋謙輔,阿部洋丈,廣津登志夫,菅原俊治.群知能を用いた分散仮想ルータのための動的中継点制御.合同エージェントワークショップ&シンポジウム2009(JAWS2009),8ページ,2009年11月.
  • Chung-Han Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. Evaluation of the Throughput Measurement Method using Connection Pairs. In Proceedings of The Tenth Workshop on Internet Technology (WIT2009), 6 pages, June 2009.
  • 阿部洋丈,梅村恭司.広域分散データ配置のネットワーク相関障害耐性に対する媒介中心性を用いた評価法の検討.第9回インターネットテクノロジーワークショップ(WIT2008),8ページ,2008年6月.
  • 小磯知之,阿部洋丈,鈴木与範,Richard Potter,池嶋俊,加藤和彦.サステーナブルサービスを実現する基盤ソフトウェアの設計.先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2006),pp. 201-209,2006年5月.
  • 塚田大,鈴木勝博,阿部洋丈,加藤和彦.インターネットを介した協調作業のためのファイル同期システム.第9回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA 2006),8ページ,2006年3月.
  • Peter Suranyi, Yasushi Shinjo, Hirotake Abe, Kazuhiko Kato. System Support for Software Updates on Virtual Private Servers. 情報処理学会コンピュータシステムシンポジウム論文集,Vol. 2005, No. 18, pp.21-28,2005年11月.
  • 中村 理,大山 恵弘,阿部 洋丈,加藤 和彦.ソフトウェア流通実行システムSoftwarePotにおけるアクセス制御機構の実現.情報処理学会コンピュータシステムシンポジウム論文集,Vol. 2004, No. 13, pp. 65-74,2004年11月.
  • 阿部洋丈,加藤和彦.Aerie: WWWのための完全分散型プロキシ.情報処理学会コンピュータシステムシンポジウム論文集,Vol. 2003, No. 20, pp.27-35,2003年12月.
  • 阿部洋丈,大山恵弘,岡瑞起,加藤和彦.静的解析に基づく侵入検知システムの最適化.情報処理学会コンピュータシステムシンポジウム論文集,Vol. 2003, No. 20, pp.7-16,2003年12月.情報処理学会平成16年度山下記念研究賞受賞.
  • 阿部洋丈,加藤和彦,王維.セキュリティポリシーの動的切替機構を持つリファレンスモニタシステム.情報処理学会コンピュータシステムシンポジウム論文集,Vol. 2002, No. 18, pp. 61-68, 2002年11月.
  • 阿部洋丈,加藤和彦,王維.セキュリティポリシーの動的切替機構を持つリファレンスモニタシステム.情報技術レターズ,Vol. 1, pp. 37-38, 電子情報通信学会・情報処理学会,2002年9月.
  • 阿部洋丈,王維,シュラーニ・ペーテル,加藤和彦.詳細なセキュリティポリシー記述のためのインタラクティブな操作環境.第5回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(SPA2002),11ページ,2002年3月.
  • 阿部洋丈,加藤和彦.強いマイグレーションと資源消費制御をサポートしたモバイルエージェントシステムの実現.第4回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(SPA2001),7ページ,2001年3月.

Domestic workshops (non-reviewed)
国内研究会・全国大会(査読なし)

  • 秋谷 龍太朗, 加藤 和彦, 阿部 洋丈, 長谷部 浩二. 隊列走行可能な交通システムの実稼働可能なシミュレータの開発. 2017年並列/分散/協調処理に関する『秋田』サマー・ワークショップ (SWoPP2017), 2017年7月.
  • 大羽 史将, 加藤 和彦, 阿部 洋丈, 長谷部 浩二. C言語からHaskellへの変換によるプログラム難読化. 2017年並列/分散/協調処理に関する『秋田』サマー・ワークショップ (SWoPP2017), 2017年7月.
  • 長谷部 浩二, 加藤 和彦, 阿部 洋丈, 川本 雅之. 隊列走行可能な端末交通システムにおける旅客輸送方式. 日本ソフトウェア科学会第 33 回大会, 2016年9月.
  • 天沼 駿亮,鷹野 駿介,加藤 和彦,阿部 洋丈.メニーコアマシン環境における並列B木マージを利用したビッグデータ処理方式の検討.日本ソフトウェア科学会第32回大会,2015年9月.
  • 浜崎 拓也,阿部 洋丈,加藤 和彦.Linux MPTCP kernelのネットワークスループット予測に関する研究.2015年並列/分散/協調処理に関する『別府』サマー・ワークショップ (SWoPP2015),2015年8月.
  • 丸山 典宏,岡 瑞起,阿部 洋丈,池上 高志.TCP/IP Network 及び Echo State Network を用いた学習機モデル.2015年度人工知能学会全国大会,2015年6月.
  • Pongsakorn U-chupala,市川昊平,Putchong Uthayopas,伊達進,阿部洋丈.Designing of SDN-Assisted Bandwidth and Latency Aware Route Allocation. 2014年 並列/分散/協調処理に関する 『新潟』サマー・ワークショップ(SWoPP 新潟 2014),2014年7月.
  • 鷹野 駿介,朱 軼青,岡 瑞起,池上 高志,阿部 洋丈,加藤 和彦.メニーコア・プロセッサのための高スループットな計算手法の提案.情報処理学会 第127回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,2013年12月.
  • 前田達憲,阿部洋丈,加藤 和彦.スループット予測による経路選択を用いたOpenFlow環境でのMPTCP転送,情報処理学会 第127回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,2013年12月.
  • 木戸 善之, 古都 知哉, 渡場 康弘, 伊達 進, 阿部 洋丈, 市川 昊平, 山中 広明, 河合 栄治, 下條 真司 , 竹村 治雄.ユーザインタラクションと連動したフロー制御を行う大規模可視化.2013年 並列/分散/協調処理に関する 『北九州』サマー・ワークショップ(SWoPP 北九州 2013),2013年8月.
  • 渡場 康弘, 木戸 善之, 伊達 進, 阿部 洋丈, 市川 昊平, 山中 広明, 河合 栄治, 竹村 治雄.OpenFlow 連携ジョブ管理システムの実装と評価.2013年 並列/分散/協調処理に関する 『北九州』サマー・ワークショップ(SWoPP 北九州 2013),2013年7月.
  • 市川昊平, 伊達進, 阿部洋丈, 渡場康弘, 下條真司.SDN技術を用いたインタークラウド環境における分散計算効率化に関する研究.第2回地域間インタークラウドワークショップ,2013年5月.
  • Yukai Yang, Hirotake Abe, Ken-ichi Baba and Shinji Shimojo. One Approach to Avoid Incast Problem with Scalability. 電子情報通信学会総合大会,2013年3月18〜21日.
  • 小原一哉,阿部洋丈,馬場健一,下條真司.無線マルチホップネットワークにおける信頼度情報に基づくルーティング手法の一検討.電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会,NS2012-223,pp.337-342,2013年3月8日.
  • 渡場 康弘,伊達 進,阿部 洋丈,市川 昊平,山中 広明,河合 栄治,竹村 治雄.SDNを用いたジョブ管理システムの提案.第194回ARC・第137回HPC合同研究発表会(HOKKE-20),2012年12月.
  • 森田大希,市川昊平,阿部洋丈,伊達進,下條真司.仮想クラスタを構成する複数ディスクイメージの効率的移送手法.情報処理学会 第121回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,2012年5月.
  • 山田正弘,阿部洋丈,市川昊平,伊達進,下條真司.並列NIDS構築に向けたソフトウェアロードバランサのパケット転送性能改善.情報処理学会 第119回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,2011年11月.最優秀学生発表賞受賞.
  • Yukai Yang, Hirotake Abe, Ken-ichi Baba, and Shinji Shimojo. The Influence of Staggered Flows on Incast Problem in Data Center Networks. 電子情報通信学会2011年ソサイエティ大会,2011年9月.
  • Chung-Han Lee, Hirotake Abe, Toshio Hirotsu and Kyoji Umemura. Internet Traffic Characteristics of Virtual Machine on Amazon EC2. 情報処理学会 第117回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,2011年4月.
  • 廣瀬仁,馬場健一,阿部洋丈.長距離広帯域ネットワークにおける高速性と親和性を考慮したネットワーク制御方式.電子情報通信学会技術研究報告, vol. 110, no. 449, IN2010-154, pp. 61-66, 2011年3月.
  • 鈴木将史,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.相互通信に着目した暗号化P2Pトラヒックの弁別手法.情報処理学会第52回プログラミング・シンポジウム,2011年1月.
  • 廣津登志夫,西谷信之介,阿部洋丈,梅村恭司,福田健介,栗原聡,菅原俊治.自律型省電力サンプリングのアプリケーション評価.電子情報通信学会2010年総合大会,2010年3月.
  • 我妻裕樹,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.情報量の最大化に基づく指向性センサの方向制御.電子情報通信学会2010年総合大会,2010年3月.
  • 大堀達也,菊地誠,齋藤義文,我妻裕樹,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.多チャンネルデータ集録環境を用いた仮想ユビキタスセンサの実装.電子情報通信学会2010年総合大会,2010年3月.
  • 菊地誠,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.多チャンネル焦電型センサ出力における圧縮プログラムを用いた類似判定に関する研究.電子情報通信学会2010年総合大会,2010年3月.
  • 鈴木将史,梅村恭司,阿部洋丈,岡部正幸.双方向通信に着目した暗号化P2Pトラヒックの解析.情報処理学会第72回全国大会,2010年3月.
  • 高橋謙輔,阿部洋丈,廣津登志夫,菅原俊治.離散PSOのVLANトラフィック最適化問題への適用と収束性の分析.情報処理学会第72回全国大会,2010年3月.学生奨励賞受賞.
  • 熊谷摩美子,梅村恭司,岡部正幸,阿部洋丈.操作画面を対象とする検索システムの構築.情報処理学会第72回全国大会,2010年3月.学生奨励賞受賞.
  • 我妻裕樹,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.情報量の最大化に基づく指向性センサの方向制御(O). 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2010),2010年2月.
  • 菊地誠,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.Compression-based Dissimilarity Measure (CDM) を用いた人感センサ情報の類似判定.第7回情報学ワークショップ(WiNF2009),2009年11月.
  • 我妻裕樹,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.情報量の最大化に基づく指向性センサの方向制御.第7回情報学ワークショップ(WiNF2009),2009年11月.
  • 大堀達也,菊地誠,齋藤義文,我妻裕樹,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.仮想ユビキタスセンサの実現に向けた多チャンネルデータ集録環境の設計と実装.第7回情報学ワークショップ(WiNF2009),2009年11月.
  • 鈴木将史,梅村恭司,阿部洋丈,岡部正幸.双方向通信に着目した暗号化P2P トラヒックの解析手法の検討.第7回情報学ワークショップ(WiNF2009),2009年11月.
  • 尾上徹,岡部正幸,梅村恭司,阿部洋丈.反復度を用いた文字列の特徴選択によるスパム分類.第7回情報学ワークショップ(WiNF2009),2009年11月.奨励賞受賞.
  • 増山篤志, 梅村恭司, 阿部洋丈, 岡部正幸.文脈の一致判定における頻度と種類数の比較.情報処理学会 第193回自然言語処理研究会,2009年9月.
  • 菊地誠,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.圧縮に基づく尺度(CDM)を用いた人感センサ情報の類似判定.電子情報通信学会2009総合大会,2009年3月.
  • 三浦明日香,梅村恭司,阿部洋丈,岡部正幸.SYNパケットの呼応に着目したP2Pトラフィックの表示.情報処理学会第71会全国大会,2009年3月.
  • 藤原大輔,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.人間の動作に対するアノマリ型異常検知システムの実装.情報処理学会第71会全国大会,2009年3月.学生奨励賞受賞.
  • 菊地誠,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.Compression-based Dissimilarity Measure(CDM)を用いた人感センサ情報の類似判定.情報処理学会第71会全国大会,2009年3月.
  • 我妻裕樹,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.情報量の最大化に基づく指向性センサの方向制御.情報処理学会第71会全国大会,2009年3月.
  • 大堀達也,菊地誠,齋藤義文,我妻裕樹,阿部洋丈,岡部正幸,梅村恭司.仮想ユビキタスセンサにおける測定値補完のプロトタイプ.情報処理学会第71会全国大会,2009年3月.
  • 齋藤義文, 阿部洋丈, 梅村恭司.効果的なデータ拡散に向けたオーバレイトポロジの比較.情報処理学会 第110回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,2009年1月.
  • 塩入寛之,岡部正幸,阿部洋丈,梅村恭司.固有表現自動獲得に向けての固有表現とコンテキストの関連度.情報処理学会 第186回 自然言語処理研究会,2008年7月.
  • 池部優佳, 中山雄大, 片桐雅二, 川崎仁嗣, 阿部洋丈, 品川高廣, 加藤和彦.異常検知システムの誤検知率を低減するための一考察.情報セキュリティ研究会(ISEC),電子情報通信学会,東京,2008年5月.
  • 菊地誠, 阿部洋丈, 梅村恭司.スナップショットを用いたデバッグ環境の構築.情報処理学会 第108回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,2008年4月.
  • 阿部洋丈,梅村恭司.相関障害への耐性の高い広域分散データ配置の検討.情報処理学会 第108回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,2008年4月.
  • 吉野純平,阿部洋丈,加藤和彦.広域ネットワークにおける大規模データ転送手法の検討.情報処理学会第70回全国大会,2008年3月.学生奨励賞受賞.
  • 川崎仁嗣,鈴木勝博,阿部洋丈,加藤 和彦.リファレンスモニタの多重化法の提案.情報処理学会研究報告,Vol. 2007, No. 10,pp. 49-56,2007年1月.
  • 池部優佳,竹下敦, 中山雄大, 加藤和彦, 阿部洋丈, 鈴木勝博.モバイル向け異常検知ソフトウェア.情報処理学会 モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 第39回研究報告会,2006年11月.
  • 川崎仁嗣,阿部洋丈,Richard Potter,加藤和彦.仮想計算環境の効率的な転送法に関する研究.2006年並列/分散/協調処理に関する「高知」サマーワークショップ(SWoPP2006),平成18年8月.
  • 吉野純平,阿部洋丈,加藤和彦.障害復旧のための広域分散ストレージ.2006年並列/分散/協調処理に関する「高知」サマーワークショップ(SWoPP2006),平成18年8月.
  • 鈴木勝博,阿部洋丈,加藤和彦,金野晃,池部優佳,中山雄大,竹下敦.スタック探索の簡略化による異常検知システムの高速化.情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会,平成18年7月.
  • 金野晃, 池部優佳, 竹下敦, 中山雄大, 加藤和彦, 阿部洋丈, 鈴木勝博.携帯端末向けソフトウェア異常検知技術.情報処理学会 第102回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会, 2006年5月.
  • 塚田大,鈴木勝博,阿部洋丈,加藤和彦.インターネットを介した協調作業のためのファイル同期システム.情報処理学会研究報告,Vol. 2005, No. 79, pp. 33-40, 2005年8月.
  • 鈴木与範,阿部洋丈,小磯知之,加藤和彦.Sustainable Service の実現構想.情報処理学会研究報告,Vol. 2005, No. 48,pp. 9-14, 2005年5月.
  • Emil Meng, Hirotake Abe, Kazuhiko Kato, Mizuki Oka, Richard Potter, Peter Suranyi. Federated Computing within an Untrustable Infrastructure. IPSJ SIG Technical Report,Vol. 2004, No. 63, pp. 45-50, June 2004.
  • Mizuki Oka, Hirotake Abe, Yoshihiro Oyama, and Kazuhiko Kato. Intrusion Detection System Based on Static Analysis and Dynamic Detection.In Proceedings of Forum on Information Technology (FIT 2003), Sapporo, Japan, September 2003.
  • Mizuki Oka, Hirotake Abe, Yoshihiro Oyama, and Kazuhiko Kato. Intrusion Detection System Based on Binary Code and Execution Stack Analysis. In Proceedings of JSSST Annual Symposium, pp. 566--570, Aichi, Japan, September 2003.
  • 阿部洋丈,加藤和彦.モバイルエージェントの安全な移動法について.情報処理学会プログラミング研究会,2000年並列/分散/協調処理に関する「松山」サマー・ワークショップ(SWoPP 2000) ,2000年8 月,松山.
  • 阿部洋丈,一杉裕志,加藤和彦.ソースコード変換技術を用いたJava 言語におけるスレッドのモビリティの実現法.情報処理学会プログラミング研究会,1999年並列/分散/協調処理に関する「下関」サマー・ワークショップ (SWoPP '99), 1999年8月,下関.
  • 染谷祐一,阿部洋丈,松原克弥,東村邦彦,加藤和彦.モーバイルオブジェクトシステムPlanetを用いたWeb検索ロボットのモーバイル化.情報処理学会研究報告.Vol. 1998,No. 57,pp. 25-30, 1998年7 月.

Other articles / その他記事

  • 首藤一幸, 阿部洋丈, 亀井聡, 塩澤一洋, 高木浩光.パネル討論「今後のP2Pソフトウェア」.コンピュータソフトウェア, Vol.22, No.3 (July 2005), pp. 1-7,日本ソフトウェア科学会,2005年7月.
  • 立堀道昭, 阿部洋丈, 川上亮太郎, 斉藤匡人, 徳永英治, 中川清志.SPA2004の報告.コンピュータソフトウェア, vol. 11, No. 6, pp. 77-82, 2004年11月.

Patents / 特許

  • 池部優佳,中山雄大,片桐雅二,加藤和彦,品川高廣,川崎仁嗣.阿部洋丈.解析システム、解析装置、検知方法、解析方法及びプログラム.特願2009-118748,特開2010-267128.2009年5月.
  • 池部優佳,中山雄大,片桐雅二,加藤和彦,阿部洋丈,品川高廣,川崎仁嗣.不正処理検知装置、不正処理検知方法及びプログラム.特願2009-105582,特開2010-257150.2009年4月.
  • 池部優佳,竹下敦,中山雄大,加藤和彦,阿部洋丈,鈴木勝博.ソフトウェア動作モデル化装置、ソフトウェア動作モデル化方法、ソフトウェア動作監視装置およびソフトウェア動作監視方法.特願2007-150583,特開2008-305085.2007年7月.
  • 池部優佳,竹下敦,中山雄大,加藤和彦,阿部洋丈,鈴木勝博.ソフトウェア挙動モデル化装置、ソフトウェア挙動モデル化方法、ソフトウェア挙動監視装置、およびソフトウェア挙動監視方法.特願2007-085598,特開2008-243034.2007年3月.(also applied as an international patent "SOFTWARE BEHAVIOR MODELING DEVICE, SOFTWARE BEHAVIOR MODELING METHOD, SOFTWARE BEHAVIOR VERIFICATION DEVICE, AND SOFTWARE BEHAVIOR VERIFICATION METHOD", PCT/JP2008/56177)
  • 阿部洋丈,鈴木勝博,加藤和彦,金野晃,中山雄大,竹下敦.異常検知方法、異常検知装置及び異常検知用プログラム並ひびに学習モデル生成方法.特願2006-311871,特開2008-129714.2006年11月.
  • 金野晃,池部優佳,竹下敦,中山雄大,阿部洋丈,鈴木勝博,加藤和彦.ソフトウェア動作モデル化装置、ソフトウェア動作監視装置、ソフトウェア動作モデル化方法及びソフトウェア動作監視方法.特願2006-110036,特開2007-286686.2006年3月.(also applied as an international patent "SOFTWARE OPERATION MODELING DEVICE, SOFTWARE OPERATION MONITORING DEVICE, SOFTWARE OPERATION MODELING METHOD, AND SOFTWARE OPERATION MONITORING METHOD", PCT/JP2007/058061)

Dissertations / 学位論文

  • 阿部洋丈.プログラム実行およびWWW利用の安全性に関する研究.筑波大学大学院博士課程工学研究科博士論文,2004年3月.
  • 阿部洋丈.Java モバイルエージェントの柔軟な実行制御の実現に関する研究.筑波大学大学院博士課程工学研究科修士論文,2001年3月.
  • 阿部洋丈.Java 言語を用いたモーバイルオブジェクトの実現法に関する研究.筑波大学第三学群情報学類卒業論文,1999年3月.