「産業における応用数理」研究会

― Workshop on Applied and Computational Mathematics in Industry ―

開催趣旨:

日本応用数理学会は,その英語名に"Industry"を含んでいることからもわかるように,”産業”における数理を強く意識した学会です.本研究会では,「産業における応用数理」研究部会設立の準備段階として,企業や研究機関の方を中心にご講演いただき,研究部会のあり方を検討します.デジタル化が進む現代社会では,”ものづくり”においても数理科学・計算科学の果たす役割は大きくなっています.産業界の競争力強化に資する数理を目指し,産学双方の会員間の連携を促進する場としての役割についても考えていきます.

>> 日程 >> 会場 >> プログラム >> 申し込み >> 問い合わせ先

☆ 日程

  • 2012年12月4日(火)13:20 〜 17:30

☆ 会場

  • 筑波大学 東京キャンパス 文京校舎 119講義室 アクセス

  • 〒112-0012 東京都文京区大塚 3-29-1
    最寄り駅:丸ノ内線 茗荷谷駅

☆ プログラム

時間 タイトル / 講演者・共著者
オープニング:日本応用数理学会 加古孝会長 挨拶 [ 13:20 -- 13:25 ]
セッション A [ 13:25 -- 14:40 ]  座長:多田野 寛人
13:25 -- 13:50 『建設業における数値計算法の応用』

今関修(鹿島建設)
13:50 -- 14:15 『Designing multilayer films for display applications』

Saswatee Banerjee(住友化学先端材料探索研究所)
14:15 -- 14:40 『高速鉄道における車輪・レール間の動的接触解析』

高垣昌和(鉄道総合技術研究所鉄道力学研究部)
休憩
セッション B [ 15:00 -- 15:50 ]  座長:今倉 暁
15:00 -- 15:25 『「京」における数値計算ソフトウェア整備について』

今村俊幸(理化学研究所計算科学研究機構)
15:25 -- 15:50 『解析業務効率化への取り組み』

藤崎正英(富士通TCソリューション事業本部)
休憩
セッション C [ 16:10 -- 17:25 ]  座長:今村 俊幸
16:10 -- 16:35 『分散オンライン機械学習基盤 Jubatusの研究開発』

小田哲(NTTソフトウェアイノベーションセンター)
16:35 -- 17:00 『高速炉の炉心群振動解析のための接触アルゴリズムの高速化』

今井隆太(みずほ情報総研株式会社), 宇野隼平(みずほ情報総研株式会社), 下元正義(みずほ情報総研株式会社), 鈴木広一(みずほ情報総研株式会社), 中川雅俊(東洋大学), 井上正明(原子力安全基盤機構)
17:00 -- 17:25 『自動車用オートマチックトランスミッションの音圧と質量を同時に低減する手法』

井手貴範(アイシン・エィ・ダブリュ解析技術部)
クロージング:櫻井鉄也(筑波大学) [17:25 -- 17:30]
懇親会 [18:00 --]


☆ 申し込み

  • 参加申し込み:不要
  • 懇親会申し込み:

  • 18:00ごろより茗荷谷駅近辺で懇親会(会費:3500円)を行います. 参加頂ける方は,以下の参加票を

      2012年11月30日(金)までに
      筑波大学計算科学研究センター 今倉暁 Email: imakura (at) ccs.tsukuba.ac.jp

    まで連絡ください.

    ----------------------------------------------------------
    Subject:「産業における応用数理」研究会 懇親会参加票
    ----------------------------------------------------------
    「産業における応用数理」研究会 懇親会に参加します。
    
    名前:
    所属:
    ----------------------------------------------------------
    

☆ 問い合わせ先

    〒305-8573 茨城県つくば市 天王台1-1-1
    筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻
    櫻井鉄也
    Email: sakurai (at) cs.tsukuba.ac.jp