[GB20101] プログラム言語論

このページには,2017年度の『プログラム言語論』の 情報を置きます. 2016年度の資料等は、 こちらのページを見てください。

目次


連絡事項

講義資料

授業の際にノートを取る、というのは非常に大事です。 ここに置いてあるスライドは授業の一部に過ぎません。
  1. 高級言語と低級言語、インタープリタとコンパイラ、構文と意味: スライドNo.1

  2. 算術式の評価とOCamlを使った演習

  3. スタック機械、コンパイル、 PostScript (Sestoft教科書 2章後半に相当) (参考: 昨年の講義スライド

  4. 一階言語、抽象機械、環境と評価戦略、関数クロージャ (Sestoft教科書 4章に相当) (参考: 昨年の講義スライド, 参考: 昨年の講義スライド)

  5. 高階関数、制御構造、副作用、末尾再帰 (Sestoft教科書 5章を含む) (参考: 昨年の講義スライド)

  6. 型システム (Sestoft教科書 6章) (参考: 昨年の講義スライド)

  7. 命令型言語 (Sestoft教科書 7章, 参考: 昨年の講義スライド)、 データ抽象、モジュール (参考: 昨年の講義スライド)

  8. オブジェクト指向 (参考: 昨年のJavaコード(断片), 講義スライド)

    演習: Javaの動かし方, 課題ファイル

  9. 授業のまとめ: (参考: 昨年の型システム(その2)講義スライド)

  10. 昨年の補足資料: 論理型プログラム言語関数型言語の補足(2015年度分)関数型言語の補足(2014年度分)

参考書籍

期末試験の問題と解答

出席簿

出席簿は、まだありませんが、いずれ、以下のページに置く予定です。
亀山幸義