論文誌

2015
[1] Oyuntungalag Chagnaadorj, Jiro Tanaka:
Accumulative Secure Group Association in an Ad-hoc and Ubiquitous Network, 
Journal of Information Processing, 23(3), pp.335-343, 2015

[2] Shaowei Chu, Jiro Tanaka:
Design of a Motion-based Gestural Menu-selection Interface for a Self-portrait Camera, 
Personal and Ubiquitous Computing 19(2), pp.415-424, 2015

[3] Seokhwan Kim, Shin Takahashi, Jiro Tanaka:
A Location-sensitive Visual Interface on the Palm: Interacting with Common Objects in an Augmented Space, 
Personal and Ubiquitous Computing, 19(1), pp.175-187, 2015


2014
[4] Unseok Lee, Jiro Tanaka:
Touch Recognition Technique for Dynamic Touch Pairing System and Tangible Interaction with Real Objects
(Using 3D Point Cloud Data to Enable Real Object Tangible Interaction), 
International Journal on Advances in Intelligent Systems, 7(3&4), pp.482-492, 2014

[5] Mohsin Ali Memon, Jiro Tanaka: 
Ensuring Privacy during Pervasive Logging by a Passerby, 
Journal of Information Processing, 22(2), pp.334-343, 2014

[6] 久野祐輝, 志築 文太郎, 田中二郎:
キーを指の設置位置とその周囲に配置するソフトウェアキーボード, 
情報処理学会論文誌, 55(4), pp.1353-1364, 2014

[7] 深津佳智, 箱田博之, 野口杏奈, 志築文太郎, 田中二郎:
凹凸付きスマートフォンケースにおけるタッチ精度の評価, 
コンピュータソフトウェア, 31(3), pp. 325-335, 2014

[8] 栗原拓郎, 三田裕策, 大西主紗, 吉川拓人, 志築文太郎, 田中 二郎:
HandyScope:引き出しジェスチャによる遠隔地操作手法
コンピュータソフトウェア, 31(3), pp. 284-293, 2014

[9] Oyuntungalag Chagnaadorj, Jiro Tanaka:
Gesture Input as an Out-of-band Channel, 
Journal of Information Processing Systems, 10(1), pp.92-102, 2014

[10] Ching-Tzun Chang, Shin Takahashi, Jiro Tanaka: 
A Remote Communication System to Provide "Out Together Feeling". 
Journal of Information Processing, 22(1), pp.76-87, 2014


2013
[11] Shaowei Chu, Jiro Tanaka:
Development of a Head Gesture Interface for a Self-portrait Camera, 
ヒューマンインタフェース学会論文誌, 15(3), pp.247-259, 2013

[12] 中村卓, 高橋伸, 田中二郎:
大画面環境におけるハンドジェスチャの選択手法 -ダブルクロッシングの提案と他の選択手法との比較-, 
電子情報通信学会論文誌, J96-D(4), pp.978-988, 2013.

[13] 山戸昭三; 北川博之; 田中二郎:
筑波大学大学院におけるPBLの実施と評価, 
工学教育, 61(5), pp.94-99, 2013


2012
[14] Seokhwan Kim, Shin Takahashi, Jiro Tanaka:
Point-Tap, Tap-Tap, and the Effect of Familiarity: to Enhance the Usability of See-and-Select
in Smart Space, 
ヒューマンインタフェース学会論文誌, 14(4), pp.445-456, 2012

[15] Yu Suzuki, Kazuo Misue, Jiro Tanaka:
A Potential Exploration of Finger-Specific Interaction, 
ICIC Express Letters, 6(12), pp.3061-3067, 2012


2011
[16] 御手洗潔, 田中二郎:
IMAD: 操作とその表示を統合した設計支援システムの実装, 
計測自動制御学会産業論文誌, 10(16), pp.140-151, 2011

[17] 鈴木優, 三末和男, 田中二郎:
ペンを握る動作を利用したインタラクション手法の検討
情報処理学会論文誌, 52(4), pp.1552-1561, 2011

[18] 小林敦友, 志築文太郎, 田中二郎:
GPUを利用したライブ映像パフォーマンス向け映像合成システム.
情報処理学会論文誌 プログラミング(PRO), 4(1), pp.76-89, 2011


2010
[19] Ayman Atia, Jiro Tanaka:
Interaction with Tilting gestures in Ubiquitous Enviroments, 
International Journal of UbiComp, 1(3), pp.1-13, 2010

[20] Simona Vasilache, Jiro Tanaka:
Support in the Software Development Process Using Dependency Diagrams, 
International Journal of Computer & Information Science (IJCIS), 11(2), pp.11-26, 2010


2009
[21] 佐藤竜也, 志築文太郎, 田中二郎:
ORCA: 実行トレースと画面変化の対応を可視化することによるGUIプログラム理解支援システム, 
情報処理学会論文誌 プログラミング(PRO), 2(3), pp.1-19, 2009

[22] 駒谷昇一, 田中二郎, 北川 博之: 
筑波大学における高度IT人材育成のための実践的ソフトウェア開発専修プログラム
工学教育, 57(4), pp.92-98, 2009


2008
[23] Yu Suzuki, Kazuo Misue. Jiro Tanaka:
Pen-based Interface Using Hand Motions in the Air, 
The IEICE Transactions on Information and Systems, 
E91-D(11), pp.2647-2654, 2008


2007
[24] 高橋伸, 中村卓, 田中二郎:
漫画的手法を用いたライブカメラ画像上へのプレゼンス情報の表示, 
コンピュータソフトウェア, 24(3), pp. 29-40, 2007

[25] Xiaodi Huang, Dianhui Wang, Kazuo Misue, Jiro Tanaka, A. S. M. Sajeev:
On graph modelling, node ranking and visualisation, 
International Journal of Intelligent Systems Technologies and Applications (IJISTA), 
3(3/4), pp. 180-210, 2007


2006
[26] Simona Vasilache, Jiro Tanaka:
Synthesis of State Machines from Multiple Interrelated Scenarios Using Dependency Diagrams, 
Journal of Systemics, Cybernetics and Informatics, 3(3), pp. 18-25, 2006

[27] 佐藤大介, 志築文太郎, 三浦元喜, 田中 二郎:
Popie:フローメニューに基づく日本語入力手法, 
情報処理学会論文誌, 47(7), pp. 2305-2316, 2006


2005
[28] Iftikhar Azim Niaz, Jiro Tanaka:
An Object-Oriented Approach To Generate Java Code From UML Statecharts, 
International Journal of Computer & Information Science (IJCIS), 6(2), pp. 83-98, 2005

[29] 三浦元喜, 國藤進, 志築文太郎, 田中二郎:
デジタルペンとPDAを利用した実世界指向インタラクティブ授業支援システム, 
情報処理学会論文誌, 46(9), pp. 2300-2310, 2005

[30] Wei Lai, Xiaodi Huang, Ronald Wibowo, Jiro Tanaka:
An On-Line Web Visualization System with Filtering and Clustering Graph, 
The IEEE Intelligent Informatics Bulletin, 5(1), pp.11-17, 2005


2004
[31] 三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎:
P2P技術を適用した画面転送・遠隔操作システムの開発, 
情報処理学会論文誌, 45(1), pp. 289-299, 2004


2003
[32] 亀山裕亮, 飯塚和久, 志築文太郎, 田中二郎:
GIGA:空間解析器生成系におけるグラフィカルな文法編集システム, 
情報処理学会論文誌, 44(11), pp.2565-2574, 2003

[33] 飯塚和久, 亀山裕亮, 志築文太郎, 田中二郎:
インクリメンタルな解析による空間解析器の高速化, 
情報処理学会論文誌 プログラミング, 44(SIG 13(PRO 18)), pp.100-109, 2003


2002
[34] 三浦元喜, 志築文太郎, 田中二郎:
Webブラウザを利用した文書内挿機能の実現
情報処理学会論文誌, 43(12), pp. 3706-3717, 2002

[35]糸賀裕弥, 山下義行, 田中二郎:
述語付きソフトウェア・パイプラインへのSpiral Graphによるレジスタ割付, 
情報処理学会論文誌 プログラミング, 43(SIG8(PRO15)), pp. 62-71, 2002

[36]小川徹, 田中二郎:
ドラッグ&ドロップを用いたビジュアルプログラミングシステム, 
情報処理学会論文誌 プログラミング, 43(SIG1(PRO13)), pp.36-47, 2002


2001
[37]丁錫泰, 田中二郎:
空間パーサにおける木構造レイアウト制約の実現とその評価, 
電子情報通信学会論文誌 D-I, J84-D-I(9), pp.1350-1361, 2001

[38] Tohru Ogawa, Jiro Tanaka:
CafePie - A Visual Programming Environment for CafeOBJ, 
Information, 4(3), pp.343-362, 2001

[39] Wei Lai, Dongguang Li, Xiaohua Jia, Jiro Tanaka:
Designing Effective User Interfaces for Web Courseware, 
Concurrent Engineering: Research and Application, 9(2), pp. 105-110, 2001

[40] 宮下貴史、田中二郎:
3次元スプリングモデルと拡張直接操作手法の統合, 
情報処理学会論文誌, 42(3), pp.565-576, 2001

[41] Jauhar Ali, Jiro Tanaka:
Implementing the Dynamic Behavior Represented as Multiple State Diagrams and Activity Diagrams,
ACIS International Journal of Computer Science & Information Management (JCSIM),
2(1), pp.24-34, 2001


2000
[42] 丁錫泰, 田中二郎:
Rainbow:ビジュアルシステム生成系におけるレイアウト制約の実現, 
情報処理学会論文誌, 41(5), pp.1246-1256, 2000

[43] 三浦元喜, 田中二郎:
Java アプレットのためのアニメーションヘルプシステム, 
情報処理学会論文誌 プログラミング, 41(SIG4(PRO7)), pp.56-64, 2000


1999
[44] 南雲淳, 田中二郎:
グラフ描画アルゴリズムへの多視点遠近画法の導入, 
電子情報通信学会論文誌 D-II, J82-D-II(6), pp.1042-1048, 1999

[45] 馬場昭宏, 田中二郎:
「恵比寿」を用いたビジュアルシステムの作成, 
情報処理学会論文誌, 40(2), pp.497-506, 1999


1998
[46] Jauhar Ali, Jiro Tanaka:
An Object Oriented Approach to Generate Executable Code from the OMT-based Dynamic Model, 
Journal of Integrated Design and Process Science, 2(4), pp.65-77, 1998

[47] 中島哲, 田中 二郎:
オブジェクト指向方法論に基づくオブジェクト図の自動レイアウト, 
情報処理学会論文誌, 39(12), pp.3282-3293, 1998

[48] Jauhar Ali, 田中二郎:
オブジェクト指向方法論(OMT)に基づく動的モデルからのJavaコード生成, 
情報処理学会論文誌, 39(11), pp.3084-3096, 1998 

[49] 遠藤浩通, 田中二郎;
パッドベースシステムによるビジュアルプログラミングシステムの構成, 
コンピュータ・ソフトウェア, 15(1), pp.50-53, 1998

[50] Koji Miyagi, Motoki Miura, Jiro Tanaka:
Flowgraph Editor for Legal Articles, 
International Journal of Advanced Computational Intelligence, 
2(1), pp.34-42, 1998

[51] 馬場昭宏, 田中二郎:
Spatial Parser Generatorを持ったビジュアルシステム, 
情報処理学会論文誌, 39(5), pp.1385-1394, 1998

1991
[52] Jiro Tanaka:
An Experimental Reflective Programming System Written in GHC,
Journal of Information Processing,
14(1), pp.75-84, 1991


1984
[53] Tetsuo Ida, Jiro Tanaka:
Functional Programming with Streams, Part II, 
New Generation Computing, 2(3), pp.262-275, 1984