筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻科目一覧
Webとデータモデリング
担当教員
電子メール 北川博之:kitagawa@cs.tsukuba.ac.jp, 森嶋厚行:mori@slis.tsukuba.ac.jp, 天笠俊之:amagasa@cs.tsukuba.ac.jp
URL
オフィスアワー 特に指定しないので、事前にemailでコンタクトを撮ること。
科目番号 01CJ103
分野 専修プログラム
基礎/専門の別
授業形態 講義+実習
開講学期
時限
教室
キーワード データベース、Webアプリケーション、データモデリング、パフォーマンス チューニング
Keyword database, Web application, data modeling, performance tuning
前提条件 Javaによるプログラミングおよびデータベースの基礎について学んでいることが望ましい。
学習目標 Webアプリケーションの中核であるデータベースによる大規模データ管理とそれに基づく応用構築をデータ工学的なアプローチから学習する。
概要 大規模データ管理とデータ応用構築に関するデータ工学的アプローチについて学ぶ。データベースの基礎を概観した上で、データベースシステムの操作、サーバサイドJavaプログラミング、データモデリング、データベースのパフォーマンスチューニングについて、講義と実習を織り交ぜて学ぶ。
授業計画
  1. データベース概論
  2. データベースシステムの導入と基本操作
  3. サーバサイドJavaプログラミング
  4. データモデリング
  5. データベースのパフォーマンスチューニング
教科書 特に指定しない。必要に応じて資料を配布。
参考書
  • ジェレミ・d. ザウドニ (著), デレク・j. ベ リング(著), 林秀幸 (翻訳),「実践ハイパフォーマン スMySQL」,オライリージャパン
  • エリック・ J・ナイバーグ (著), ロバート・A・マクシムチャック (著), 長瀬 嘉秀 (翻訳), 今野 睦 (翻訳), 株式会社テ クノロジックアート (翻訳),「データベース設計のた めのUML」,翔泳社
  • ロバート・J. マラー (翻 訳),苅部 英司 (翻訳) ,「オブジェクト指向設計法に よるデータベース設計技法--UMLによるデータ・モデリ ング」,三元社
成績評価 試験の成績、レポート、演習などを総合して評価する。
TF・TA
その他の情報 仮想マシン環境でデータベースおよびServeletの演習を行う。仮想マシンイメージは、データベース演習の初回で配布する。受講者はラップトップPCを持参すること。また、仮想マシンイメージを格納するため、ホストOSのディスク領域を10GB程度確保しておくこと。
ページ先頭へ