筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻科目一覧
並列分散システム特論
担当教員
和田耕一
電子メール wada( @ ) cs.tsukuba.ac.jp
URL
オフィスアワー 月 5限(総合研究棟B棟 1105)
科目番号 01CH404, 01CJ219
分野 計算機工学
基礎/専門の別
授業形態 講義と輪講
開講学期
時限
教室
キーワード
Keyword
前提条件 計算機アーキテクチャの基礎的知識があることが望ましい。
学習目標
概要  本講義では、共有メモリを実現する技術を中心に、様 々な並列アーキテクチャと高性能化技術について解説す る。並列アーキテクチャでは、全体性能に大きな影響を 及ぼすネットワークとメモリの構成方式、およびそのレ イテンシの削減方法、隠蔽方法を学ぶ。並列プログラム 実行時のふるまいに基づいて、どのような点について考 慮すべきかを明らかにする。また、大規模化の際の問題 点と設計法について学ぶ。
授業計画
1. 並列処理概説
メッセージパッシングと共有メモリ、並列処 理アーキテクチャ、粒度
2. 共有メモリ型並列プログラム
メモリモデル、実行時の特性
3. ネットワーク
直接網、間接網、プロトコルとその最適化
4. 高性能化
メモリレイテンシ(削減と隠蔽)、NUMA, COMA, コンシステンシモデル、hot spot、同期
5. 実装
スケーラビリティ、システムコスト、設計の正 当性
6. 分散共有メモリ
ディレクトリ、キャッシュコヒーレンシプロト コル、分散共有メモリアーキテクチャ
7. 最新の技術、研究事例の紹介
教科書 Daniel E. Lenoski and Wolf-Dietrich Weber, "Scalable Shared-Memory Multiprocessing," Morgan Kaufmann Publishers.
参考書 Rajkumar Buyya, "High Performance Cluster Computing," Prentice Hall Inc..
成績評価 出席状況、発表、レポートで総合的に評価する。
TF・TA
その他の情報 偶数年度開講
ページ先頭へ