筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻科目一覧
並列処理アーキテクチャ特論
担当教員
西川博昭、富安洋史、三宮秀次
電子メール 西川博昭:nisikawa@cs.tsukuba.ac.jp,富安洋史:tomiyasu@cs.tsukuba.ac.jp,三宮秀次:san@cs.tsukuba.ac.jp
URL
オフィスアワー RD302 火5時限
科目番号 01CH402
分野 計算機工学
基礎/専門の別
授業形態 講義
開講学期
時限
教室
キーワード データ駆動プロセッサ、自己同期型パイプライン、低消費電力
Keyword data-driven processor, self-timed pipeline, low-power-consumption
前提条件
学習目標 並列処理アーキテクチャの具体例として、データ駆動パラダイムにおけるプロセッサアーキテクチャならびにそのVLSI実現法を習得するとともに、技術動向を踏まえて、将来備えるべき特性を議論でき、それを実現したアーキテクチャを設計できること。
概要 並列処理アーキテクチャについて、システムの仕様記 述・検証手法および実現法の両面から、基礎的事項から 最近の研究事例(例えば、データフローモデルなど)を 交えて論じる。また、高機能、高性能化を達成するのみ ならず、インフラストラクチャとしての情報システムの 保守性、連続性の考え方、ならびに、これからの並列、 分散処理方式の在り方についても言及する。
授業計画 第1週ー第2週
並列処理アーキテクチャとは
・歴史的背景、必要性など並列処理アーキテクチャの紹 介

第3週ー第4週
並列処理アーキテクチャの実現法
・これまで実現されてきた並列処理アーキテクチャとそ の特徴

第5週ー第8週
並列処理方式の研究、開発の事例
・現在注目を集めている並列・分散アーキテクチャの紹 介

第9週ー第10週
並列処理アーキテクチャの将来展望
・インフラストラクチャとしての情報システムの在り方 と並列処理アーキテクチャのネットワーキングアーキテ クチャへの展開
教科書
参考書
成績評価 レポートなどにより評価する。
TF・TA
その他の情報 偶数年度開講
ページ先頭へ