筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻科目一覧
マルチメディア情報理論特論
担当教員
片岸一起
電子メール katagisi@cc.tsukuba.ac.jp
URL
オフィスアワー 学術情報メディアセンター4階404号 火17:00-18:30
科目番号 01CH102,01CF202
分野 数理情報工学
基礎/専門の別
授業形態 講義
開講学期
時限
教室
キーワード 現代情報理論,標本化定理,フルーエンシ情報理論,超関数論,新世代ネットワーク
Keyword Modern Information Theory, Sampling theorem, Fluency Information Theory, Distributions, New Generation Network
前提条件 線形代数,解析学,信号解析の予備知識があることが望ましい.
学習目標 (1) 波形解析におけるフーリエ変換とフーリエ級数の数学的関係を理解する. (2) 波形解析において超関数論の考え方が何故重要なのかを理解する. (3) 超関数論に基づきシャノンの標本化定理の完全な証明を理解する. (4) 新世代ネットワークアーキテクチャの設計とマルチメディアコンテンツの接点にフルーエンシ情報理論が一躍を担う可能性があることを理解する.
概要 情報通信技術(ICT)の中核技術の1つとして位置付けられるインターネットが破綻していると言われている.本講義では,まず、それに対応していくための新世代ネットワークアーキテクチャの概念設計とそれを支える現代情報理論がどのように関係するのかを概説する. 次に,シャノンの標本化定理を,超関数論を用いて完全に証明し,見通しよくする. 最後にシャノンの標本化定理の一般化であるフルーエンシ情報理論について講述する.
授業計画 (1) 新世代ネットワークと現代情報理論の接点 (2) フーリエ変換とフーリエ級数 (3) 波形解析のための超関数論 (4) フルーエンシ情報理論
教科書 プリントを配布する.
参考書 (1) パポーリス著(町田東一,村田忠夫訳監修),「ア ナログとディジタルの信号解析」, 現代工学社,1982. (2) ブリガム著(宮川洋,今井秀樹訳),「高速フーリ エ変換」, 科学技術出版
成績評価 レポート課題(20%)と期末試験(80%)により評価を行う.
TF・TA
その他の情報 偶数年度開講
ページ先頭へ