プログラム概要

必要な基礎知識を習得した学生に対して,課題解決型学習(PBL)を中心とした短期集中合宿,分散PBLを柱とした教育プログラムを構築

取り組みと概要

実践的問題解決ができる人材の育成

筑波大学では文部科学省が推進する情報技術人材育成のための実践教育ネットワーク形成事業の一環として2012 年度から分野・地域を越えた実践的情報教育協働ネットワーク:enPiT (Educational Network for Practical Information Technology) という情報教育,とりわけビジネスアプリケーションに関する課題に取り組んでおります.昨年度にひきつづき,本年度年度も筑波大学におけるenPiT BizApp受講生を募集します.

enPiTでは,基礎知識学習短期集中合宿分散PBL(Project Based Learning)をセットとして受講することで,より実践的でイノベーティブな開発構想と,グループプロジェクト開発を体験することができます.

このような人にお勧め

情報系の一般学生A君の場合

プログラムはそこそこできるようになってきたけど,会社でやるかもしれないプロジェクト開発ってどんなものかな.今のうちに体験できないかな.

機械系など情報系以外の一般学生B君の場合

研究室で研究テーマを与えられたけど,自分なりにもっとテーマを掘り下げたいな.そのためにも新しいテーマで構想をきちっと練る経験をしながら学びたいな.

文系,芸術系一般学生C君の場合

プログラムも多少できるけど,一度グループを組んでビジネスの視点でシステムデザインしてみたいな.

情報系のICTコース受講学生D君の場合

せっかくプロジェクト開発を学んでいるのだから,今のプロジェクトテーマを洗練させて今後のプロジェクト開発を進めたいな.

enPiTに参加する利点

  1. 単位が取れる
    筑波大拠点では最大6単位(短期集中合宿4単位 + 分散PBL2単位)
  2. ソフトウェア開発のプロセスを経験的に学習できる
  3. グループによる開発を経験できる
  4. 成果物がある
    1. 成果物を就活,研究,実生活に活用してください
    2. 修了証も発行されます
    3. 研究のデモプログラム(成果を分かりやすくアピール)
    4. 自分のアイデアを実現して宣伝
  5. 優秀なグループには賞や外部発表も
    業績になります.履歴書にも堂々と書いてください.

主要な日程

  • 申し込み締切: 5月
  • 審査情報締切: 6月
  • 受講許可通知: 6月中旬
  • 短期集中合宿(ライトウェイトコース): 8月17日-8月24日
  • 短期集中合宿(スタンダードコース): 8月17日-8月31日
  • 分散PBL: 9月-11月
  • 成果発表会: 12月初旬

ページトップ

  • enPiT 実践 × 交流
  • enPiT ビジネスアプリケーション分野
  • enPiT クラウドコンピューティング分野
  • enPiT セキュリティ分野
  • enPiT 組込みシステム分野
  • enPiT BizApp 公立はこだて未来大学
  • enPiT BizApp 産業技術大学院大学