enPiTの一年

申し込みから修了までのプログラムの流れ,年間スケジュール,および短期集中合宿のスケジュールを紹介します.

enPiTプログラムの構成

enPiTでは,基礎知識学習短期集中合宿分散PBL(Project Based Learning)をセットとして受講することで,
より実践的でイノベーティブな開発構想と,チームプロジェクト開発を体験することができます!
  • 基礎知識学習
    • 4月から7月にかけて実施.必要となる予備知識の自習期間.
  • 短期集中合宿
    • 第一週: 8月17日(水)〜8月24日(水)
    • 第二週: 8月25日(木)〜8月31日(水)
  • 分散PBL
    • 10月から11月にかけて実施.12月初旬に成果報告会を実施します.
enPiT Flow pre regist camp dpbl presen

受講申込から審査結果通知まで

flow-simple
  • まずはGoogleアカウントを用意して,以下の受講申込ページからお申し込みください.
  • enPiT実施内容の詳細は 本ウェブページをご覧になるか,説明会にご参加下さい.

受講申込

    受講申込を実施後,6/3までに同ページから審査情報を入力をしていただきます.
    • 受講申込〆切: 5月6日 17:00
    • 審査情報入力〆切: 6月3日
    • 審査結果通知: 6月上旬

基礎知識学習

  • 基礎知識の自習
  • flow-simple
      基礎知識学習期間では,書籍やカリキュラムにある基礎知識学習のための講義などを利用し,ソフトウェア開発,プロジェクト開発の基礎知識 として下記のようなキーワードを理解し,説明ができるようになることを目指してください.
    • ウォーターフォール,要件定義,ユーザストーリ,外部設計,内部設計,単体テスト,結合テスト,作業見積,アジャイル,自己組織化,インセプションデッキ
    • また,開発スキルとしてGitHub,Ruby on Rails,Androidなどがあるとよりスムーズです.
    •              
    • 自習の場として「筑波大もくもく会」を毎週水曜17:00から開催します。お互い教え合いながら黙々と自主学習が出来ます。
  • テーマの検討
    • enPiTで取り組むテーマを考えておいてください.合宿初日にテーマを持ち寄ってチームとテーマを決定します.提案テーマに対して賛同してくれる人が集まればテーマとして採用されます.自分の提案テーマで開発するほうが楽しいです.
      テーマは「困っていること,解決したい課題」などであり,具体的な開発内容ではありません.
      例:
    • 朝おきられない
    • 勉強/研究せずについつい遊んでしまう
    • 研究室でごはんいっしょにいく人あつめがめんどう

短期集中合宿

  • 各コース
    • 受講できるコースは2つあります.みなさんの夏の予定にあわせて選択してください.

      スタンダードコース 8/17〜8/31

      短期集中合宿から15日間しっかりと構想と開発を実施し,分散PBLで開発を仕上げます.

      第一週
      自分達で持ち寄ったテーマや進行中のテーマをもとに,テーマ自体を洗練させる議論を実施
      第二週
      開発速度を見積り,まず一週間で実装可能な部分を開発.動くものをデモする

       

      ライトウェイトコース 8/17〜8/24

      短期集中合宿では1週間だけ構想と開発を実施し,分散PBLにつなげます.

      第一週
      自分達で持ち寄ったテーマや進行中のテーマをもとに,テーマ自体を洗練させる議論を実施

       

  • 実施内容の位置付け
  • flow-simple
      短期集中合宿ではオムニバス講義,アジャイル研修,mini PBLを実施します.それぞれの位置付けは以下のようになっています.
      オムニバス講義
      開発のための周辺知識や,上流工程のためのさまざまな技術を学ぶ
      アジャイル研修
      開発構想の洗練手法や,アジャイル的な開発手法などについて経験を通じて学ぶ
      mini PBL
      第一週では,主に開発構想洗練の実践を,第二週では主にアジャイル的なプロジェクト開発の実践を通じて身につける
  • 時間割
    • 後程掲載します.

分散PBLおよび成果報告会

flow-simple
  • 分散PBL(9月, 10月, 11月)
    • 短期集中合宿での議論を活かしてプロジェクトを進展させる.2週に一度程度教員からのフィードバックを得つつ,2〜3ヶ月程度で開発を完成させ,成果報告会に臨む.

  • 最終発表会「enPiT筑波大ワークショップ」(12月初旬)
    • 短期集中合宿および分散PBLでの成果物と,プロジェクト進展のとりくみについて,口頭での発表とデモを実施する.この中から当日のアンケートに基づき,優秀であったグループには優秀賞を授与する.

修了証授与

flow-simple
修了証
  • 修了要件
    • 指定された基礎知識をあらかじめ習得した上で,短期集中合宿および分散PBLに参加し,ビジネスアプリケーション分野の実践的なICT関係知識および技能を修得することを修了要件とします.
  • 修了証
    • 短期集中合宿と分散PBLの両方を履修した者には,12月の報告会にてenPiTビジネスアプリケーション分野共通の修了証が授与されます.

enPiT各種資料

  • enPiT 実践 × 交流
  • enPiT ビジネスアプリケーション分野
  • enPiT クラウドコンピューティング分野
  • enPiT セキュリティ分野
  • enPiT 組込みシステム分野
  • enPiT BizApp 公立はこだて未来大学
  • enPiT BizApp 産業技術大学院大学