2017年度 enPiT筑波大 受講生募集!


(ご注意)
enPiTは今年度まで修士の学生を主な対象に実施しており,来年度より学部生を対象に実施されます.新年度Webページが準備中のため,このページは修士向けenPiTのサイトに掲載しております.そのため,メニューやフッダーのリンク先の情報が修士向けとなっております.ご了承ください.

enPiT 2017 受講生募集

enPiT 2017 受講説明会
2017/02/16(木) 13:00-14:00
@筑波大学春日エリア情報メディアユニオン 2F メディアホール google-maps-icon

enPiT筑波大学では,主に3年次の実験科目(主専攻実験/情報メディア実験)を対象に,
「PBLによるチーム開発でプロダクトをつくり,ユーザへ新たな価値を提案する」
体験を提供します!
受講を希望する人のための説明会を下記日程にて開催します.申し込み不要ですので当日会場まで!

※知識情報・図書館学類など他学類の方も受講できます! 詳しくは会場で!

教員の方へ
主専攻実験/情報メディア実験が部分的に変わります.
特に以下のenPiT準拠テーマへの移行について説明します.
各実験テーマ担当教員の先生方もぜひご聴講ください

本日の資料
学生からの体験談
教員からの説明 (開始後,音声ループあり)

  • 2017/02/16(木) 13:00-14:00
  • @筑波大学春日エリア情報メディアユニオン2F メディアホール
カレンダーに登録
PC utilities-google-calendar-icon-pc / Android utilities-google-calendar-icon-android / iCal utilities-ical-calendar-icon

    当日次第
  1. 河辺 徹 enPiT-BizSysD分野代表 開会の辞
  2. 長谷川 秀彦 情報学群長 挨拶
  3. enPiT プログラム 概要説明 嵯峨 智 / 渡辺 知恵美
  4. 昨年の受講生による経験談
  5. 教員向け説明 嵯峨 智 / 渡辺 知恵美






enPiT とは?

概要

「enPiT」は情報学群(情報科学類,情報メディア創成学類,知識情報・図書館学類)の3年次生を主な対象とし,ICT/IoTを活用して社会ニーズに応えるアプリケーションやシステムをチームで開発するPBL (Project Based Learning)形式のプログラムです.情報科学類,情報メディア創成学類では「主専攻実験/情報メディア実験」の一部として実施します.知識情報・図書館学類および情報学群以外の学生には学群共通科目「ビジネスシステムデザインA,B」として実施します.

学習内容

ニーズ駆動でのチームによるシステム開発技法を学びます. 身の回りの課題を取り上げ解決策を提案し,適切なシステム構成を設計,実装とレビューを繰り返して問題を真に解決するシステムを探索的に作り上げます.開発言語や技術は開発内容により決定されます.

実施形態

情報科学類及び情報メディア創成学類
情報科学類及び情報メディア創成学類では主専攻実験/情報メディア実験のテーマとして実施します.具体的には春学期,秋学期に以下のような実施形態をとります.主専攻実験の詳細に関しては,こちら を参考に,情報メディア実験の詳細に関してはこちら を参考にしてください.
春学期
実験テーマ「PBL形式によるネットワークサービス開発A」として実施します. 春ABと春Cの期間前半(4月-7月)は各自が自習ベースでシステム開発のための基礎技術を学びます.その後,春Cの1週間に集中演習を実施し,システム提案やチームによる開発技法について学びます.(2017年度は8/1から8/8に実施します.)
秋学期
秋学期は以下の二種類のテーマのうちいずれかを選択してください.どちらのテーマも10月から12月にかけて開発をし12月に成果発表会で発表します.その後,秋Cの期間は各自レポート執筆期間とします. なお,秋学期は上記のテーマ以外の実験テーマを選択することもできます.ただしその場合enPiTの修了はできません.
enPiTテーマ
春Cの集中演習で取り組んだ課題テーマで開発を続けます.実験テーマ名は「PBL形式によるネットワークサービス開発B」を選択してください.
enPiT準拠テーマ
主専攻実験/情報メディア実験テーマのうち,PBLによるチーム開発要素をとりいれたテーマです.enPiT準拠実験テーマを選択し,選択したテーマの課題担当教員のもとで秋学期から新たにチーム開発を進めます.個別の実験テーマ名は以下の「enPiT準拠テーマ一覧」を参照し,選択してください.
知識情報・図書館学類および他学生
上記「PBL形式によるネットワークサービス開発A,B」のテーマとして実施します.情報学群共通科目「ビジネスシステムデザイン A, B」として履修してください.
他大学の方はenpit-office@cs.tsukuba.ac.jpまでご連絡ください.


enPiT準拠テーマ一覧

  • (随時掲載いたします)

おすすめの対象者

  • アジャイル開発を体験してみたい人
  • チームで面白いものをつくってみたい人
  • あわよくばアプリコンテストとかに出してみたい人

過去のプロダクト


これまでのプロダクト例 (詳細はこちら)

これまでのプロダクトの一部(Webページ, Google Play等)
  • ホーム
  • 2017年度 enPiT筑波大 受講生募集!

ページトップ

  • enPiT 実践 × 交流
  • enPiT ビジネスアプリケーション分野
  • enPiT クラウドコンピューティング分野
  • enPiT セキュリティ分野
  • enPiT 組込みシステム分野
  • enPiT BizApp 公立はこだて未来大学
  • enPiT BizApp 産業技術大学院大学