高度ITプログラム

コンピュータサイエンス専攻 博士前期課程の 高度IT人材育成のための実践的ソフトウェア開発専修プログラム(略称、高度ITプログラム) の情報です。

博士前期課程の一般プログラムが、修士論文のための研究を中心とした プログラムであるのに対して、 高度ITプログラムは、 実践教育とコースワークを重視した独自の授業体系・修了要件を 持っています。

概要・特徴

  • コンピュータサイエンスの「修士」号を取得する教育課程です。

  • PBL (Project-based Learning)などを用いた実践的科目を重視しています。

  • 修士論文を作成する必要はなく、そのかわりに特定課題報告書を作成します。

  • 課程修了(修士号獲得)のためには、所定の50単位の修得が必要です。

  • 修了の際に、高度ITプログラムの修了認定が受けられます。

詳細情報

高度ITプログラムの詳しい情報は、 こちらです。